廃車と相続放棄

廃車と相続放棄について


相続するべき資産がなかったり、逆に負債があったりする場合、相続放棄をすることがあります。その場合、被相続者の車を廃車する時には注意が必要になってきます。処分すると単純承認として放棄ができなくなります。身内であっても、放棄した時点で、被相続者の財産に対して処分、売却などは出来なくなるのです。

しかし、廃車が可能な場合もありますので、しっかりと確認していくようにしましょう。

車に所有権の留保があるかどうかが、とても大切になってきます。車に対してローンが残っている場合は処分することが出来ます。もちろん、ローンの残債は支払う必要はありません。ローンが残っていると、車の所有者はローン会社がディーラーになっています。そのため、車はローン会社かディーラーが引き取っていきます。ローンがある場合は、故人に所有権がなかったことになるので、自動車は相続財産にあたらないのです。ただし、ローンの契約によっては、所有権がローン会社でない場合もあるので、注意が必要です。車検証などで確認するようにしましょう。

ローンが完済している場合や、全額現金で購入している場合は、難しくなります。相続を放棄した場合は、相続財産となってしまうので、廃車が出来なくなるのです。

もちろん、車に価値がないと判断すれば、廃車は確かに行うことが出来ます。しかし、車が全く無価値だと証明することは難しいですし、勝手に処分したと判断されて放棄が取り消されるリスクもあります。誰が見ても車が無価値であると判断されなければいけないので、自分自身の判断だけでは処分が難しくなってしまうのです。

このような場合、相続財産管理人を選任することが必要になってきます。価値があるのかどうかわからない車の処分は、相続管理人が手続きをして行います。相続管理人の選任の申し立ては家庭裁判所に行います。相続管理人の選定の申し立ては司法書士が行い、また、相続管理人自身も司法書士が選定されることがあります。予納金が必要となるため、費用がかかりますが、車両を処分してくれますので、とても助かります。

その他、相続人が複数いて全員放棄した場合、6ヶ月以上、別の相続人の出現を待つことになります。6ヶ月以上経過した後、車の処分も行うことが出来るようになります。相続財産の中に車があると、現れるかもしれない相続人のために、保存しておく必要が出てくるのです。

このように、相続放棄した状態で廃車の手続きを行うことはとても難しいです。ポイントをしっかりとおさえておくようにしましょう。