廃車になる走行距離

廃車になる走行距離の目安に関して


走行距離が10万キロを超えた車を廃車にする目安としている人も、多いのではないでしょうか。

日本の車というのは非常に頑丈であるため、10万キロ程度では全く問題なく走り続けることができるのですが、それもしっかりと整備をしてこそでそのぐらいの距離になってくると、消耗部品の交換時期に差し掛かってきます。

日本の車の優秀なところはこのようにオイル交換程度の簡単な整備程度で、10万キロを走行することができる点にあるのですが、さすがの日本の車とはいえ消耗部品を交換せずに走り続けるということは出来ません。

そこで、走行距離が10万キロを超えた辺りであちこちの消耗部品の交換の必要が出てくるのですが、これには当然お金がかかるもので数十万円といった費用がかかることもあります。

しかし、一度これらのものをしっかりと交換をしてしまえば再度10万キロでも、20万キロでも走ることができるのですが、日本では数十万円もあれば状態の良い車を買うことも難しくないため、わざわざ整備して同じ車に乗り続けるよりは乗り換えてしまったほうが良いと考える人も多くいます。

そのため、10万キロを超えてくるとそろそろ廃車の時期だということになってしまうのです。

多くの人がこのように考えているだけに、中古車屋に売りに出そうとしても値段がつかないということも珍しくなく、その反対に処分料を請求されてしまうということもあるため、そのまま廃車にしてしまうという人が多いのです。

ところが、日本の国内で値段がつかないような車であっても、長い距離を乗る海外であれば話は変わってきて日本では、廃車にするしかないような車であっても十分に商品価値があったりするのです。

そして、そのような海外に向けて輸出をしている業者というも国内には数多くあり、そのような業者であれば走行距離の多い車であっても問題なく買取をしてくれるのです。

驚くほどに高額になるということはさすがにありませんが、それでも廃車にするしか無いと思っていた車がお金になるというのは非常にありがたいことですし、車種によってはそれこそ中古車屋で買取をしてもらう時ぐらいの金額になるということも珍しくはありません。

そのため、10万キロを超えて車の寿命もきているから廃車にするしか無いと考えていても、一度このような海外に向けて輸出をしている業者に持ち込んでみると、思わぬ高値で買取してもらえることもあるので、検討をして見る価値は十分にあるのです。