廃車車両をスクラップ業者

廃車車両をスクラップ業者に出す相場


不要になった車を処分するとき、廃車にするというケースも少なくありません。しかし、廃車に出すときには車を業者のところまで持ち込む必要がありますし、書類手続きも非常に煩雑で、手間がかかります。そのため、ほとんどの人は業者に解体作業から書類作成代行まで依頼していますが、意外と相場が高くなっており、車を廃車に出すだけでも万単位の支出がでてしまいます。

一般的には、廃車予定の車をスクラップ業者のところに持ち込み、解体作業と書類手続きを依頼した場合には、解体費用として2万円程度、書類作成代行手数料として1万円程度が相場となっています。解体作業は専門会に依頼しなければなりませんが、書類作成は自分でもできますので、手続き費用が高いと思ったら陸運局などの自治体に書類を持ち込んでみるのも良いでしょう。この場合には、費用はかかっても数百円程度です。ただし、廃車のための書類手続きというのは意外と煩雑ですので、一度のやり取りで上手く終了するとは限らず、何度も自治体と往復する必要が生じたり、時間がかかるなどのリスクがありますので、注意しましょう。

なお、解体業者は車両の解体をするときに、部品などで使えるものがあれば買取対象としてくれることがあり、上記の手数料から値引きしてもらえる場合があります。一方で、書類作成代行を行っていないところもありますので、事前にどこまで依頼できるのかを確認してから持ち込んでみると良いでしょう。

スクラップ業者以外に持ち込む方法としては、ディーラーや中古車販売業者のところに持ち込むというものもありますが、諸経費はスクラップ業者と大体同じ程度となっています。近くに解体業者がいない場合にはこれらの業者に依頼するのも良いですが、基本的にはこういったところに持ち込んでも最終的に解体業者のところに車両が流れていくため、部品の買取などは一切してもらえません。その代わり、あちこちにありますし書類の作成も行っていますので、費用がかかっても手軽に済ませたいときにおすすめです。

一方、買取業者に持ち込んでみるという方法もあります。買取業者は動かない車でも積極的に買取対象としてくれますし、解体業者や整備工場と連携しているところも多いため、廃車に出すとしても費用が安くなったり無料になることがあります。また、書類手続きも得意としていますので、最も費用負担が少ない方法で処分できますし、場合によってはいくらかで買い取ってもらえることもあります。