廃車にする時は

走行距離が10万キロを超えて廃車にする時は

走行距離が10万キロを超えてしまった車に乗っている時には、いつまで乗り続けような悩んでしまうものですよね。

多くの人が車検を機に車を乗り換えたりすることになりますが、その際に余った車はそのまま廃車にしてしまうという人も多いのではないでしょうか。

走行距離が10万キロを超えてしまった車というのは、車としての価値が殆どなくなってしまうため買取に出しても値段がつかないばかりか逆に引取料を請求されてしまうといったこともあるものです。

そのため、多くの人が車の寿命というのは10万キロを超えたぐらいだと思っているかもしれませんが、日本の車の場合実際には10万キロ程度で駄目になるものでもないのです。

日本の車というのは世界の中でも特にその頑丈な作りが評価されていて、整備さえしていれば10万キロはおろか何十万キロと走ることが可能となっているのです。

それではなぜ10万キロを超えると多くの人が車の寿命だと思って、廃車にしてしまうのかというといくら頑丈な日本車であっても10万キロを超えてくるとあちこちの消耗部品を交換する必要が出てきます。

そしてそれらの部品を交換するとなると、やはり数十万円単位で費用が発生することになってしまいます。

しかし、日本では状態の良い車というのが安く売っていますから、わざわざお金をかけて10万キロも走った車を乗り続けるよりも、買い替えてしまったほうが早いと考える人が多く、車の商品としての価値は10万キロを超えると殆どなくなってしまうのです。

そのため、買取に出そうとしてもそのような車は買い手が見つからないため、値段がつかずに逆に引取料を取られてしまうことになるのです。

そうなると、お金を出して廃車にするしか無いのかと思ってしまいますが、このように値段がつかないというのはあくまでも質の良い車の多い国内に限った話であり、信頼性の高い日本の車というのは外国で非常に人気があります。

また、外国では10万キロ程度で車を乗り換えるということはなくそれこそ何十万キロと乗るため、10万キロ程度しか走っていない日本の車というのは外国では高く売ることができるのです。

そこで、そのような海外に向けて車を輸出している業者であれば廃車にするしかないような車であっても値段がついて買取をしてもらうことができるのです。

お金をかけて廃車にしようと考えた時には、このことを思い出して一度そのような業者に持ち込むことで廃車にかかる費用を節約しさらにお金を手にすることができるのです。